借りれなかった理由は何だったのか分かりますか?

各金融機関はなぜ融資できなかったかの理由は教えてくれませんので、自分で検証する必要があります。

審査に通らず借りれなかった場合はどうすれば良いのでしょうか?

 審査に通過しなかった理由を教えてくれれば簡単なのですが、中々そうもいかないので、審査がNGであった理由を検証してその部分を改善する必要があります。

そこでココでは一般的に「融資出来ない条件」とよく言われている理由を挙げてみました。


以下の条件にあてはまらないかの確認しましょう

【職業的での判断】
・無職の方
・暴力団
・政治結社
・右翼団体に所属している方
・同業者と弁護士

【身元確認での判断】
・自宅の電話が料金未納で不通
・住所不定 ・家出中
・勤務先の欠勤
・ブラックリスト

【現在状況での判断】
・「他社現在状況の件数」は重要な判断基準で、ここは皆さんが一番気になる所と思います。同時に、一番消費者には分かりにくい部分でもあります。
逆に言うと、職業的・身元確認で問題がなければ、後は、この現在状況が問題と言う事です。

と言う事は、その現在状況を許容している会社へ申し込めば OKになるわけです!

そうすると、その情報が気になる訳ですが探しても正確な情報はなかなか載ってないのに気付くと思います。
実は、こう言った情報は融資を助長しかねないとの事で、ほとんど公開されていないのが実情なのです。
そこで当サイトの融資率から分析した、代表的な会社の現在状況の目安を作成致しました。

こちらを見て頂ければ、現在状況によってどこに申し込めばいいのかの目安にして頂けると思います。
現在状況ではじかれたと思う方は、是非一度確認して下さい! 気になる各会社の許容件数はこちら!


学生向け資料とはなりますが、審査を通させるポイントをまとめていますので借りれなかった方は一度読んでみて下さい。

関連してよく読まれているページ

ページの先頭へ