学生がお金を借りる時は「安心してお金をすぐ借りれる」学生ローンを選ぶのが1番重要です

収入が少ない学生だからこそお金を借りる会社を間違えると借りれなかったり、親や学校にばれて大変になったりします。

しかし、きちんと選べば学生でも「安心にこっそり借りれる・返済しやすい」会社からお金を借りる事が出来るのです。

そこでこの記事は、管理人と学生が使ってみて「安心にこっそり借りる」にはどうすれば良いのか具体的に紹介しています。


学生がお金を借りる時のおすすめキャッシング会社実際に使ってみた学生が「親ばれせずお金を即日に借りれる」学生ローンおすすめランキングへ


学生がお金を借りる会社を選ぶ時のチェックポイント学生がお金を借りる時にチェックするポイント

①学生でも借りられるか?
基本的には、大学生・専門学校生など就学中でも20歳以上でアルバイト・パートを少しでもしていればお金を借りる事が出来ます、ただし、一部銀行系のカードローン会社は「親の同意書」が必要になる場合もありますので確認しましょう。 (当サイトで紹介しているカードローンはすべて学生でも安心して借りる事が出来ます)

②親、家族バレ・学校バレしないか?
学生ならこのポイントが一番気になると思いますが、実は一番ばれるポイントは学生ローン会社からの「郵送物」なのです。
なので、当サイトで紹介している学生ローンは明細・キャッシングカードなど「郵送物」をなくすサービスを実施している所だけ選んで紹介しています。
後、学校バレを防ぐ為、身分証明に学生証の提示が必要な所は避けましょう。

③即日融資を受けられ、返済も簡単か?
学生でも就活・ゼミなどが始まると非常に忙しくなるので、窓口や電話せずともスマホだけで申込~返済まで出来る会社を選びましょう。当サイトで紹介している会社はスマホアプリがあり非常に便利です。


スマホでお金を借りる申込みをする女の子



「安心・安全」、「借りやすい・返済しやすい」所からお金を借りたい学生は、当サイトのランキングをみてもらえればと思います。


学生ローンのおすすめランキング一般的な社会人メインのランキングとは異なり、学生がお金を借りる場合は前提条件が全く異なります。 当サイトのランキングは、学生による学生でも「安心にこっそり即日にお金を借りれる」とガチに人気な学生ローン・キャッシング会社を比較・紹介していますので他のランキングより参考になると思います。

学生のカードローンランキング1位 「プロミス」
スマホから簡単に親ばれなしですぐに借りれて、限度額内で1,000円ずつから繰り返し利用できる点が学生に人気

「プロミス」は学生への貸付実績も多く保証人もいらないので、学生でも簡単に申込めて・すぐ使えて・こっそり借りれます


スマホで簡単に確認・申込出来る
学生用公式サイトへ

三井住友フィナンシャルグループで「安心」です


チェックポイント1簡単申込み:50万円まで給与明細が不要なので、スマホと身分証だけで申込み出来ます

⇒申込から実際にお金を借りるまで最短1時間程度(申込む時間帯によります)です。
尚、申込金額は10万円までにしておきましょう(10万円以上は審査厳しくなります)


チェックポイント3使いやすいポイント:限度額の中であれば1,000円ずつから繰り返し利用可能です

①プロミスなら限度額内で1,000円ずつから繰り返し利用可能なので、月末などお金のやりくりが苦しい時にはめちゃくちゃ便利ですよ!(月末の1,000円の貴重さはすごいですよね…管理人も何回も助かりました)
尚、繰り返し利用できない学生ローンもあるので要注意です…

「三井住友銀行かジャパンネット銀行」に口座があれば、審査通過後、24時間365日最短10秒でお金を振込んでくれます。(メンテナンス日等は除きます)
その他の銀行でも当日振込み受付時間内(平日の9:00-14:50)ならすぐ(最短10秒)振込んでくれます。

管理人も使ってますがこれはすごい便利で、急にお金が必要(遊ぶお金や交通費・旅行費用)になった時すぐに借りれるメリットは非常に大きいです。

③初めての利用なら30日間無利息です(メールの登録とWeb明細を利用するだけでOK)
無駄な利息を払う必要はないので、返せるアテがあればさっさと返済してしまえばお金を単純に先借りしただけになってめちゃくちゃお得です。

チェックポイント1ばれないポイント:スマホやPCで申込む事で「誰にもばれずにこっそり借りれます」

☆学生がお金をばれない様に借りる為の3つのポイント
①公式サイトから申込み、契約方法「WEB、フル入力でお申込み」を選ぶ
②審査通過後の返済方法、「ATM」か「口座振替返済」の内「口座振替返済」を選択
③「口座振替返済」を選択して、カード発行なしを選択

上記申込で、ばれる「原因」である「郵送物」がなくなるのでばれずにこっそりキャッシング可能なのです。

もちろん、キチンと返済をすれば誰にも連絡は行かないので、親バレ、学校バレ、就活先にばれる事もありません。(実際に管理人も借りていましたが誰にも連絡はなかったです)


学生用プロミス簡単公式申込みページへ
【プロミス】★来店不要で即日回答
★3項目で3秒診断!

即日融資はもちろんですが、24時間振込サービス
などで、利便性は一番高いです!
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)

学生お金借りるイメージキャラひらめき君③

学生がお金を借りる人気ランキング2位 「アイフル」
誰にもばれずにキャッシングカードが受け取れるのがめっちゃくちゃ嬉しい(郵便物でばれない)

「アイフル」は学生へ融資する事を公式HPにのせてあり、学生むけに簡単にこっそり申込んで使えるサービスを展開しています。


スマホだけで簡単に申込できる
学生用公式ページへ
アイフルバナー


チェックポイント1こっそり借りれる:誰にもばれずにキャッシングカードが受け取れるのがめっちゃくちゃ嬉しかったです。

カードローンはその名の通りお金を借りる時にカードが必要になるのですが、そのカードを受け取る時に単純な郵便だと家族ばれする可能性が…管理人の事例あり(>_<)

しかし、アイフルなら「時間帯指定でしかも本人受取限定の宅急便」で送ってくれるので家族すらバレません! (本人受取限定は家族でも渡しません)

なので、郵送物でばれる事が一切なくなるのは他のカードローンにはない特徴の一つです。

この場合、即日にお金が借りられないので急ぎの場合は無人契約機(てまいらず)でカードを受け取りましょう。

 

チェックポイント1便利・お得なポイント:初めてなら30日無利息と1秒簡易診断

30日無利息は当たり前なのですが、まだないカードローンもあるので注意が必要です(アイフルはもちろん30日無利息)
しかも、申込む時に特に申請する事なく無利息になるので楽チンです♪

審査についても個人情報を入れずに1秒で簡単診断してくれるので申込み前に審査通過しそうか確認できたのがよかったですよ。


学生用アイフル簡単公式申込みページへ
アイフル無利息イメージ

即日融資も可能!
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)

学生お金借りるイメージキャラひらめき君④

学生がお金を借りる人気ランキング3位 「アコム」
50万円まで給与明細の提出不要でサポートが充実しており、初めて借りる学生に人気

楽天銀行なら24時間最短1分で振込みしてくれるのでものすごく便利! 楽天銀行に口座があったり、楽天でよく買い物をする学生にオススメ。


スマホで簡単に申込める
公式サイトへ


三菱UFJフィナンシャル・グループで「安心」です


チェックポイント1簡単申込み可能:50万円までなら給与明細が不要なので、スマホと身分証だけで申込み出来ます
⇒50万円まで明細は不要ですが、学生は申込み時の限度額は10万円までにしておきましょう。 \_( ・_・)ハイ ココテストニデマスヨー(10万円を超えると審査通過しにくくなります)

チェックポイント2ばれないポイント:インターネットから申込む事で「誰にもばれずにこっそり借りれます」

☆申込み時に以下の2点をチェックすればOKです
①アコムカード(キャッシングカード)受取る場所を「店舗かローン契約機で受け取る」と言う項目にチェック
②利用明細をWeb確認すると言う項目にチェック

この2点だけ注意すれば、郵送物がなくなるので誰にもばれずにキャッシング可能なのです。

チェックポイント3学生に優しいポイント:卒業時に全額返済しなくともOKです

⇒借りる時、返済する時分からない事があってもメール・電話で非常に親切に教えてくれます、実際に管理人も初めて借りたのは色々丁寧に教えてくれた「アコム」でした。
※申込は20歳以上でバイトなどで安定した収入が必要です!


学生用アコム
公式申込みページへ

即日融資可能です
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)

学生お金借りるイメージキャラひらめき君③





学生に人気なお金を借りる会社4位「モビット」
「気になる電話確認がない」のでこっそり借りたい学生に人気です

CMでもあまり説明していないので知られていないのですが、一番気になる親・バイト先・自宅への電話確認がないので安全にこっそり借りたい学生に人気です。


こっそり借りたい学生用の
公式申込みページへ

三井住友銀行グループなので「安全・安心」です


チェックポイント1ばれないポイント:親・自宅・バイト先への電話確認がありません(Web完結で申込み時)

電話確認って非常にいやですよね?別に悪いことはしていないのに…
ですが、「モビット」なら実はその電話確認がないので、申込み(アルバイトなど安定した収入が必要です)だけで審査してくれます。
ただし、給与明細を2ヶ月分準備する必要があるので前もって用意しておきましょう

「Web完結」で申込めば利用明細などもスマホでの参照となり、郵送物もなくなるので郵送物からばれる事もありません。

チェックポイント2便利なポイント:「スマホ」の「インターネットとメール」だけで申込みから借入れまで出来ます(保証人もいりません)


チェックポイント3学生に優しいポイント:卒業時に全額返済しなくともOK
きちんと返済をしていれば誰にも連絡は行きませんので、親バレ、就活先にばれる事もありません



スマホだけで申込出来る公式HP
モビット≪モビット≫電話なし!郵送物なし!
★ PC・スマホからWEB完結★

即日に借りれます
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)

学生お金借りるイメージキャラひらめき君③


■学生がお金を借りる時(申込~審査まで)に知っておきたい・準備しておきたいモノ

申込準備をする女性

 

☆申込み時に注意すべき3つのポイント
①アルバイト先の会社名を調べておきましょう
いわゆる屋号(呼び名)ではなく、株式会社~・有限会社~など正式名称が必要です、意外と知らないので申込む前に確認しておくとスムーズに申し込めます。

②アルバイトをして1年未満の学生の方は、年収部分は1ヶ月分の給料を12倍して記入しましょう
ちなみにバイトしていないのに嘘をついて借りた場合、嘘がばれるとブラックになるので絶対にやめておきましょう。

③保険証区分を確認しましょう
20歳以上の学生ならまず「国民健康保険」と思いますが、念のため自分の保険証を確認して下さい。

尚、他の市区町村で一人暮らしをしている学生はもしかすると、「遠隔地被保険者証」「国民健康保険学生用保険証」「マル学・マル学保険証」などの保険証をお持ちかもしれませんが、これら保険証も「国民健康保険」からの派生なので「国民健康保険」を選んでおきましょう。

☆審査に向けて注意すべき3つのポイント
①嘘の情報は記入しない事、もちろん他社借入れなどもキチンと記入して下さいね。金融機関はその様な情報はきっちり連携しているので、嘘を書くとばれてしまいますよ!
へたをすれば申込みブラックとなりますので注意してください。 (申込ブラック:申込自体が出来なくなる事)

②連絡がきちんととれる電話番号を記入する事(固定電話がなくとも携帯で大丈夫です)
書類だけで審査通過すれば問題はないのですが、不明点がある場合は学生ローン・キャッシング会社から電話やメールで連絡がきますので連絡が取れる電話番号を登録しておきましょう

③借入れ金額は10万円までにする事
学生は50万円等いきなり借入れできません。
基本的に学生は収入が少ないですし、そもそも学生がなぜその様な大きなお金が必要なのか?と言う事で問い合わせがくるので、審査に向けてお金の借入額は10万円までにしておきましょう。


■学生がお金を借りる時、親ばれ・友人ばれをしないで誰にも知られずにお金を借りたい

私もそうだったのですが「学生」で消費者金融からお金を借りる(キャッシングする)となると、なんとなく「恥ずかしい」イメージがあって出来る限り絶対に誰にも知られたくない!っと言うのが学生も皆さんの本音かと思います。

昔は在籍確認の電話や、キャッシングカード・利用明細の郵便があったりして、ばれない為に電話の前や郵便ポストの前で待ち構えて対応していたという涙ぐましい努力があったのですが、今は「スマホ」が出てきたおかげで様々なサービスが展開され、電話の確認や郵便物がなくとも借りれるサービス(カードローン会社・消費者金融・キャッシング会社)が色々と出てきています。

学生でも「プロミス・アコム・モビット」などがこっそり借りれるサービスを展開しています。

なので、「学生」であっても「スマホ」があれば比較的簡単に親・家族・友人などに「ばれない」様こっそりお金を借りる事が可能です。 と言っても、基本は「学生」であっても安定・継続した収入がある事が前提で各消費者金融(カードローン会社)は融資の審査をするので、審査を通過させる為にもまずはきっちりとアルバイトを実施して安定した収入源を作っておく必要があります。

審査に向け時間があれば、クレジットカードでの「クレジットヒストリー」を少しでも良いので作っておきましょう。
「クレジットヒストリー」:クレジットカードで購入・返済した履歴、個人信用の基礎となります、この様な情報は各金融機関で連携し情報共有しています。

これはなぜかと言うと、統計的にきれいに利用している(延滞がない)方は焦げ付く確率が低いと言う分析があり、審査申込みした時には必ず確認される項目と言っても良いと思います。 学生でクレジットカードを持っていない場合、もちろん確認する事は出来ないので審査としてはニュートラルで処理されますが、持っていてきれいに利用している場合は「+」要素となり、こっそり借りやすくなってきます。

まだクレジットカードを持っていない「学生」は何かしら持った方が良いかと思います、このクレジットヒストリーは少しずつ信用を積み重ねていくものになりますので、社会人になって車を買う・家を買う時にも必要になりますし、フィンテック時代に向け必要不可欠なものになってくると思います。今では年会費無料のカードもたくさんあるので一度検討してみて下さい。

いずれにせよ「学生」がこっそり親にばれない様にお金を借りたい(キャッシング)したい場合。まずは安定したバイトをしっかり行う(出来れば月10万以上が望ましいです)のが必要です。
オマケで、キレイなクレジットヒストリーがあれば完璧です!

「学生」の間は色々とお金に厳しい時期もあると思いますが、無理のない範囲で借入れをして充実したキャンバスライフを過ごしましょう。

■学生がお金を借りる時の金利について

どこでお金をお借りるか調べていると、会社によって様々な金利設定がある事に気づくかと思います。
銀行系のカードローンなどは少し低めになっていますが、その分審査が厳しいと言われており学生の収入では なかなか審査を通過しないのが現状です。

ですので、学生であれば実際に借りれるのは消費者金融系の学生ローンとなります。(大元は銀行ですが…) 消費者金融系でもある程度金利の幅はありますが、おおよそ4.5%~18%の間で設定されています。

実際に借りるなら少しでも低い金利で借りたい所ですが、残念ながらこれは自分では決める事は出来ず、あなたの借入れ限度額より金利が決定されるのです。
もちろん、申込み当初から最大の借入れが出来れば良いのですがそうは行きません。

初回契約時は社会人で多くとも 50万円が限界で、学生の場合、初回契約は10万円が限界とみておきましょう。
そこで金利はどうなるかと言うと少額の場合は金利が高く設定されており、限度額(信用度が上がる)が上がると金利は低くなっていきます。(最低金利は限度額が最大になった時と思ってください) そうすると、まずどの学生が借りれるカードローンでも最大の金利が適用される事になります。

そこからキチンと返済し、信用を積み重ねていけば限度額の枠を広げてくれます。
その限度額の枠が広がると同時に、限度額に応じた金利が適用される事になるのです。 (この限度額と金利の関係はあまり公開されていないのが実情です)

ですので、金利が低いからここから借りる!と言っても、少し調べれば分かりますが消費者金融系の初期の金利はほぼ変わらないのが実情です(大体が18%なので…)ですので、金利よりもあなたの状況に応じた学生ローンで借り入れる方が大事なのです。

■就職活動で役に立つ「資格取得」にかかるお金を学生ローンで借りる

就職活動に向けて、資格を取得しようと思っている学生の方も多いと思います。
就活で役立つ資格はTOEICや簿記、MOSとなるのですが、これらは独学で取得するにはかなり難しく、やはり専用の教材や勉強が必要になります。

と言っても、1人暮らしなどをしていると資格取得に必要な教材・学校に行く費用を準備できなかったりする場合もあるかと思います。(私もそうだったので…)、もちろんそんな状態ではまず通りません。
2、3回受けるのもあると思いますが、学生時代の貴重な時間とがもったいないのできっちり準備をして受験をする事をお勧めします。

ではどの様にして、その資格取得にかかる費用を捻出するか?と言う事になりますが、大きくは以下の4つが考えられます。

①親ローン(出世払い?)
②ヤフオク!などのオークションでお金を稼ぐ
③銀行・消費者金融などからお金を借りる(キャッシングする)

学生ならなんとか、上記①・②でなんとかするのがベストです! ①、②が絶対に無理となってから初めて③の「銀行・消費者金融のカードローンでお金を借りる」事を考えましょう。

TOIECを始め、資格取得にかかる費用は5-10万円までが大半なので、学生でもアルバイトさえ出来ていれば無理なく借りる事が出来ると思いますので、当サイトの学生向けランキングを参考にして頂ければと思います。


■学生が土日でも即日にお金を借りたい場合は?

学生でも、就活・付き合いなどで土日であっても即日に借りたい場合があると思います。
実は上記で紹介した3つの学生カードローンは、いずれも借り方を少し変えれば土日でも即日に借りる事が可能なのです。

もちろん平日の様にすべてスマホで完結とはいきませんが、無人契約機を利用すれば土日でも22時までなら即日に借入れできる所もありますので、土日であっても諦めなくとも大丈夫です。 詳しくは「土日でも今日借りたい」で書いていますので「土日でも即日にお金を借りたい」学生さんは一度チェックしてみて下さい。


■カードローン会社やキャッシングよりも親とか友達にお金を借りた方が良い?

結論から書くと、親に借りるのは金額・回数によりけりですが概ねOKです、しかし、友達からお金を借りるのは絶対にやめるべきです。

管理人の学生時代にも友達からお金を借りていた友人がいましたが、やはり早く返せ、少し待ってくれと言う話になり揉めに揉めた記憶があります。
やはり、お金の貸し借りは友達関係には持ち込まないほうが吉です。

親についても冒頭では概ねOKとしてありますが、さすがに毎月3万円とか今までの追加で借りた金額が30万円越えているとかなるとさすがに追加で融資は頼みにくくなると思います。
当サイトでは学生の皆さんへのヒアリングより、お金が足りない場合は基本的にカードローン会社や、キャッシング会社からお金を借りる事をお勧めしています。

なぜそうなったかの理由や、実際に借りる場合のポイントなどを「お金が足りない学生の方へ」にまとめていますので、親・友達に融資のお願いをしようとしている学生は是非一度見てください。

■学生ローンと一般的な消費者金融(キャッシング)との違い

よくご質問を頂くのが、タイトルにある様に学生ローン専門の会社とこのサイトで紹介している一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)の違いはなんですか?と言う質問です。 確かに違いが分かりにくいので、実際に大きく違いのある3点で分かりやすくまとめましたので学生の皆さんの参考になれば幸いです。

☆学生ローン専門と一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)との違い
①学生ローン専門の会社は融資の限度額がほぼ50万円以下(会社によっては10万円以下までの会社もありますので、あなたが借入れしたい金額によっては学生ローン専門の会社は使えない事になります)
②お金を借りるのに学生証+免許証や健康保険証が必要(一般的な消費者金融は学生証は必要ありません)
③追加の融資を依頼する時に再審査を実施する会社がある(利便性が悪いです) その他としては、一般的な消費者金融より少し金利が安かったり(1%程度)、学生で親の同意があれば18歳からでも借りられる会社もあったりします。

もちろん、学生ローン専門の会社であっても消費者金融と同じく少なからずアルバイトをして収入がある状態でないと審査に通りませんので注意が必要です。

大きな違いとして3つあげましたが、実際に借りるまでの審査や借りてからの返済、追加の融資などの利便性を考えると学生ローン専門のメリットってあまりないんですよね…金利が少し安い位ですかね?? 色々なサイトで、学生ローン専門の方が審査基準が甘いとは書いていますが、実際に検証した方はいないので本当かどうかも怪しいのが実情です。

当サイトも少し前までは学生ローン専用の紹介をしていましたが、審査が甘いとはとても思えなかったので一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)と同じと思った方が良いですね。

秘密と言う点からも学生証が必要な学生ローン専門は微妙ですね、学生証を提示すると言う事は一般的な消費者金融より多くの個人情報を渡している事になります。 もちろん、通常時は親バレ、学校バレはないと思いますし、様々なセキュリティ対策はしていると思いますが、万が一漏えいすると学校まですぐにばれてしまう事になります。有名な所では「JTB・ベネッセ」などまさか!っと思うような所からでも漏えいしていますので油断は出来ません。

なので、学生証の個人情報を開示しなくとも良い一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)の方が、よりセキュリティが高いとも考えられます。

さらに、一般的な消費者金融学生ローン(キャッシング)であれば30日間の金利無料サービスがあったり、限度額の中で審査なしに何度も借りたり返済が出来たり(様々な銀行に対応しています)、専用のアプリがあったりするので学生であっても非常に使いやすく、利便性が高い事も見逃せません。

以上の事から、当サイトとしては学生の方がお金を借りたい(キャッシング)場合は、一般的な消費者金融の学生ローン(キャッシング)お勧めしています。

一般的な消費者金融学生ローン(キャッシング)お勧めランキングへ

ちなみに、学生ローン専門で有名な所では以下の会社がありますので、もし、学生ローン専門で借りようと思ったのであれば調べてみて下さい。
①有林堂
②マルイ
③アミーゴ
④カレッヂ
⑤イーキャンパス
念のため書いておきますが、学生ローンは学費以外の用途で使ってもOKですよ!(結構みなさん勘違いされています) デート代、飲み代、旅費、服代などなんでも良かったりします。

■市役所や区役所に設置されている社会福祉協議会からお金を借りる

あてにしていた日本学生支援機構等の奨学金の審査を通過しなかった…

そんな時は各都道府県の市役所・区役所にある社会福祉協議会から教育支援資金と就学支度費の2種類のお金を借りる事ができます。

①教育支援資金: 学生が高等学校、大学又は高等専門学校に進学するために必要なお金

・借りられる金額(月額)
 <高校>月/3.5万円以内
 <高専>月/6万円以内
 <短大>月/6万円以内
 <大学>月/6.5万円以内

②就学支度費:高校、大学又は高等専門学校の入学金

・借りられる金額(入学時のみ)
 <入学金> 50万円まで


もちろんこれは学生なら誰でもお金を借りられる訳ではありません。
次の世帯の学生が対象になります。
・低所得者世帯:どうしても他からお金を借りる事出来ない世帯

・障害者世帯:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持つ世帯

・高齢者世帯:65歳以上の高齢者の世帯
※連帯保証人がいると金利「0」でお金を借りる事が出来ます、いなくとも金利が年1.5%つきますがお金を借りれます

一点注意ですが、公的機関のため即日の融資等は実施されていませんので出来るだけ早めに申込みましょう。(少なくとも1ヶ月はみておきましょう)

都道府県社会福祉協議会 問い合わせ先


■必要なお金が1万円位までならオークションでお金を作るのもあり

1万円位ならオークションや古本屋にいらないものを売って現金をつくるのもありです!

昔は気軽に使えるのはヤフーオークション位だけで、使うにはヤフーIDを作ってクレジットカードの登録をして、色々の設定をしてと面倒だったのですが、今はスマホだけで出品(画像含む)~連絡~入金確認までできる「メルカリ」や、そもそも出品の面倒をすべてやってくれるCMでお馴染みの「セルクル」(これは本当に出品物を送るだけ!)があり、誰でも簡単に出品できる事ができる様になっているので、チャレンジしてみては如何でしょう?

洋服なんかも下記の様にGパンが5,000円位と以外と高値で売れたりするので、リスクもなく1万円程度ならすぐに売れるのでオススメです!

■メルカリ入札結果(SOLD)
メルカリオークション結果


後は、読み終わった本やCD・ゲームなども気軽に売れるので、一度自分の部屋をぐるっと見渡してみて下さい。 以外と売れるモノがあると思いますよ! 自分がいらないモノでも他の人は欲しいモノなので、これは売れないと言う先入観は捨てて探してみて下さいね。

借りたお金を返済できないとどうなるのか?

万が一、どうやっても借りたお金を返せなくなった場合、最後は「債務整理」となります。

「債務整理」と言う言葉はあまり聞かないかもしれませんが、個人が借金を返済できない場合、法的にその債務(借金)をどうするかを決める方法の総称です。

良く知られる「自己破産」もこの「債務整理」の中の方法の一つで、その他に「任意整理」「特定調停」「個人民事再生」などがあります。
処理の方法が色々あり、「債務整理」を実施する時の状況で決まってくるのですが、どの方法を取ったとしてもいわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいます。

「ブラックリスト」に一回載ってしまうと、その時より5-10年間いずれの金融機関からもお金の「借入れ」が出来なくなるのです。車を買いたいと思っても、家を買いたいと思っても、すべて現金で支払う必要が出てくるので非常に不便と言うか大変ですね。

さらによく知られてないのですが、この「債務整理」をするにはお金がかかります!「お金」がない時にさらにお金がかかると言う、まさに「泣きっ面に蜂」状態になります…
もちろん金融機関からお金は借りれませんので、親、親戚、友達などから必死に「債務整理」をする為にお金をかき集める場合が多いです。

そうならない為にも、「安心・安全」なカードローン・キャッシング会社から借り入れをして、計画的に返済をする事が大事なのです!

尚、返済が遅れてしまった場合はどの様な感じか簡単に書いておきます。

①返済日に何も連絡せずに引落しが出来なかった場合、まず次の日位には確認の電話がかかってきます。
単純に入金し忘れていたとかであれば、いつ入金できるかを言えばすぐに終わります。
出来れば2,3日以内に入金するのが望ましいです、ただし、給料日が1週間後でその時に払うと確約できるのであれば注意はされますが、大抵は大丈夫です。(何度も繰り返すと融資枠などが狭くなる可能性があります)

→約束の日にキチンと返済出来れば遅延の督促はここで完了します。

②次に上記で約束した日に入金・返済しない場合、1日に何度も電話がかかってくる様になります。
その電話を無視、返済を断り続け3ヶ月以上滞納してしまうと、ここでも「信用事故」いわゆる「ブラックリスト」に載ってしまいます。

③それでも返済を渋っていると、簡易裁判所から督促状がくる場合があります。
昔は担当者がお金の取り立で訪問していたりしましたが、最近は人件費や効率化の波であまりしない(ヤミ金は除く)傾向ですね。

そこで、裁判所からの督促状で法的手段へ移行するパターンが多い様です、これが届いた場合はすぐに行動(異議申し立て)をしましょう!無視していると差し押さえなどの強制執行もありますので要注意です。

ここで両者が協議を実施、折り合いのつく返済方法や分割の仕方などを改めて取り決めて行きます。
この協議でも返済できない、合意できない場合は冒頭で書いた「債務整理」となるのです、いずれも裁判費用もかかりますのでここまで来るまでにしっかり返済する方法を考えておきましょう。


■管理人コラム

まず学生はなにかとお金が必要になりますよね。
管理人もそうなのですが、学生の時は社会人より急にお金が必要になった感があります。

急遽、飲み会に誘われたり、遊びに行くことになったりと・・・
さらには最近では就活でお金が必要になったりと、お金が必要なシーンには事欠きません。

そういった時に限ってアルバイトをする時間がなかったりして「どうしても、あと少しだけ足りない」という場合があると思います。

そんな時に大きな額ではありませんが個人的にお世話になったのが無担保で、保証人の必要なくすぐに安心してこっそり借入出来るのが学生でも借りれるプロミスでした。
私も何件か借りましたが、一番丁寧に教えてくれたのを覚えています。
こういったソフト面のサービスが初めての方でも安心して借りれると言う評判になるのでしょうね。

もちろん、きちんと返済していれば親に連絡がいくようなこともありませんので、安心して利用できます。

いずれにせよまずは申し込まないと借りれませんね。


1万円からの少額融資もできるので、私の時代もそうだったのですがあなたが思ったより多くの学生がこっそり借入しています。

30日間無利息な部分も学生にはうれしいサービスです、詳細はプロミスの公式ページを見てください。

【プロミス】★来店不要で即日回答 ★3項目で3秒診断!




関連してよく読まれているページ

ページの先頭へ