しっかり調べた人は知っている、無利息期間のある人気カードローン3つ

お金を借りる時は出来るだけ金利なんて払いたくないですよね? かし、見た目の金利表示だけで選ぶと失敗します!(管理人も失敗して1万円程必要のない金利を払ってました)

なので、あなたにとってガチに特に(無利息期間・優遇金利)なる会社を実際に管理人が使ってみて紹介しているので一度チェックしてみて下さいね。
金利を低く、即日にお金を借りる時のおすすめキャッシング会社無利息期間がある、即日に借りれる人気なカードローンおすすめランキングへ


金利を低く即日に借りたい時のチェックポイント金利を出るだけ低く簡単にお金を借りたいあなたがチェックするポイント

①無利息期間があるか?
銀行系のカードローン、HP等で出ている最低金利は消費者金融系より安いのですが、実は無利息期間の設定がなく、その無利息期間を考えると消費者金融系の方が実質金利が安くなるパターンがあります。ですので、まずはあなたが無利息で借りれるかどうか確認しましょう。

②優遇金利があるか?
無利息期間の他に優遇金利を受けられる消費者金融があります。
優遇金利で借りられると通常の金利より低くお金を借りる事が出来ますので、無利息と同じくあなたが優遇金利を受けられるかどうか確認しましょう。

③スマホで簡単に申込み、返済が出来るか?
簡単に借りる為に、窓口に行くとか電話せずともスマホだけで申込~返済まで出来る会社を選びましょう、(当サイトで紹介している会社はスマホアプリあり)利便性がものすごく良くなります。


スマホで簡単に融資申込みをする女の子



本当に低金利でお金を借りれるカードローン注目ランキングあなたがガチに無利息で簡単にお金を借りたい時は当サイトのランキングをみて下さい、HPに載っている金利や人気だけでなく、本当に金利が低く簡単に借りられるかを検証・紹介していますので他のランキングより参考になると思います。

実質金利が低いランキング1位「プロミス」
「30日間無利息」あり、スマホだけで簡単に申込めるので迷っているなら一度試してみましょう

「プロミス」は簡単に無利息期間をゲット出来て、スマホだけで申込める・使いやすい(スマホアプリあり)・すぐ借りれるの3点で、初めて借りる方に人気になっています。

メールアドレス登録とWeb明細利用の
登録で★30日間無利息サービス!★



チェックポイント実質金利を低くできる:初めて借りる方なら「30日間無利息」となるので、1ヶ月以内に返済するれば金利が低いと言うより金利「0」になります!(メールアドレスとWeb明細を利用するだけでOK)

⇒借りる金額が大きくなればなるほどこの30日間無利息の恩恵は大きくなります。
さらに、借りたお金を5ヶ月以内に返済するのであれば、金利の低さを売りにしている銀行系のカードローンより、無利息期間がある「プロミス」の方が金利が低くなります。

☆50万円借りたとしていずれも最大金利で利息計算してみると…
金利低い銀行系:50万×14.5%÷365日×150日=29,794円
プロミスの場合 :50万×17.8%÷365日×120日=29,260円(30日間無利息なので利息計算は30日を引いた120日で計算しています)

上記の様に、150日以内であれば無利息期間がある「プロミス」が実質金利が低くなる訳です。

ちなみに多くの方が3~4ヶ月程度で返済完了されているので、プロミスの様に30日間無利息があるカードローンが本当はお得になるのです。


チェックポイント簡単に申込み出来ます:保証人が必要なく、さらに借入れが50万までなら給与明細が不要なのでガチにスマホと身分証だけで申込み出来ます

⇒申込から実際にお金を借りるまで最短1時間程度です(申込む時間帯によります)
審査通過後、あなたのお住まいの近くにあるプロミスATMや、三井住友銀行内のローン契約機、提携ATM「ゆうちょ銀行、コンビニ端末(セブンイレブン、ローソン、イーネット)」で借りる事が出来るので忙しいあなたでもすぐに借りれます。
※ゆうちょ銀行で借入れ・返済するにはWeb明細の登録が必要

チェックポイントすごい使いやすい点:限度額内なら1,000円ずつで繰り返し使えるのです

⇒これは管理人はめちゃくちゃ助かってます…特に月末の食費とか交際費とか家賃ですんごいお金が厳しくてちょっと足りない時に、少しだけ借りて乗り切ってます!

しかも、お金が足りない時 「三井住友銀行かジャパンネット銀行」に口座があれば、24時間365日最短10秒でお金を振込んでくれるのです。(メンテナンス日等は除きます)
その他の銀行でも当日振込み受付時間内(平日の9:00-14:50)ならすぐ(10秒程度)振込んでくれるので、急にお金が足りない事が分かっても大丈夫です。(何故かお金が足りなくなるのが分かるのは夜中…)


スマホで簡単に申込出来る
公式サイトへ

三井住友フィナンシャルグループで「安心」です

2位:「アコム」
初めて借りる方・急ぎで借りたい方に人気(最短30分で本審査回答してくれます)

惜しくも2位にはなりましたが、プロミスと条件はほぼ互角です。
あなたが持っている銀行口座でアコムかプロミスかを選んでもいいと思います。

チェックポイント初めて借りるなら30日間無利息です

チェックポイント楽天銀行の口座を持っていれば24時間365日振込み可能
(三井住友・ゆうちょ・東京三菱UFJ銀行に口座を持っていれば、初回振込時に限り、振込み可能時間が19時まで延長されます)

チェックポイント申込みから現金を手に入れるまで最短1時間!しかも、アコムの「むじんくん」なら朝の8時から22時まで即日借入れする事が出来ます(土・日・祝も使えて、他社よりも営業時間が長いのです)
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

チェックポイントスマホの「インターネットとメール」だけで申込みから借り入れまで出来る!
⇒こっそり借りたい方や、店舗に行くのが面倒な方に人気です


公式HPへの矢印初めての方、急ぎで借りたい方用の専用申込みページへ

3位:「じぶん銀行カードローン」
携帯が「au」ないしは「じぶん銀行」に口座をもっている方に人気!

限度額の範囲内であれば、審査なしで24時間自由にお金を借りる事ができます。

借り換え・おまとめにも対応しているので、どこでお金を借りるか悩んでいる「au」なあなたにオススメです。

チェックポイントauユーザーなら何もしなくとも、金利が最大0.5%ずっと優遇されます。

auIDを利用した申込みが出来るので、他社のカードローンより簡単に申し込める様になっており、非常にラクチンです。(早ければ2分程度で申込みできちゃいますよ)

チェックポイント「じぶん銀行」に口座を持っていると本人確認資料も必要なく、記入項目も非常に少なくなるので簡単に申し込めます。

チェックポイントスマホから24時間いつでも申込み可能です。

審査結果は最短即日で連絡をしてくれます(eメール・電話いずれか選択可能です)


「au」限定割がある
公式申込サイトへ

東京三菱UFJグループなので「安全・安心」です




4位:三菱UFJカードローン バンクイック

銀行系では圧倒的な人気です!30日間無利息はないものの、他より安い金利が武器になっています。

チェックポイント総量規制対象外


5位:「モビット」 こっそりと誰にもばれずに融資を受けたい方にオススメ

こっそりと誰にもばれずに融資を受けたい方に人気なのが申込み~融資まで「Web完結」メニューがあるモビット。
キャッシングを親、友達、恋人にばれたくない方に静かに評判になっています。


チェックポイント自宅・会社・親などへの電話確認がない

チェックポイント「インターネットとメール」だけで申込みから借入れまで出来ます(もちろんスマホからでもOK)

チェックポイント本審査が早く、最短30分で完了します
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

公式HPへの矢印こっそりと借りたい方用公式申込みページへ
モビット≪モビット≫電話なし!郵送物なし!★ PC・スマホからWEB完結★

5位:アイフル

若い方(20台~30代前半)に大人気なのがアイフルです。
パート・アルバイトさんでも申込み可能です。

チェックポイント指定の時間帯に、自宅でカードが受け取れる宅配便サービスあり
チェックポイント専用の無人契約でんわBOXから電話するだけでカードの発行が可能




ネットでキャッシングするメリットとデメリット

スマートフォンから申込み可能

ネットだけで申込みから借入れまで出来るキャッシングはかなり一般的になりましたが、今までの電話や窓口申込みとの差はあるのか検証してみました。

iphoneメリット
・ネットで申込み可能なのでどこからでもいつでも申込み出来る
・周囲の目をを気にしなくても借入れが出来る
・審査が通り次第、自分の口座に振り込んでくれるスピード感

iphoneデメリット
・自分が借りたい金額にあったメニューを自分で探す必要あり
・実際の会社の雰囲気が分かりにくい
・相談がメールになる為、回答に時間がかかる


大きく3つの差がありますが、ネットだけでキャッシングする場合は一番気になる周囲の目が関係なくなるのが一番のメリットと思います(こっそり申込みできますからね)。もちろん、窓口に行く手間もなく、さらに誰とも話さずに借りる事も可能なのも大きいですね!

結果から考えると、ネットキャッシングの審査を通過させるには自分が「何の為に、いつまでに、いくら借りたい」かを明確に決めておけばなんとかなりそうです。

当サイトでは、皆さんからよく調べている項目ごと「今日借りたい・学生でも借りたい・土日でも借りたい」などの項目ごとにオススメのキャッシング会社を分かりやすく説明していますので、参考にして頂ければ幸いです。

お金を借りる時(申込~審査まで)に準備しておく事

☆申込み時に注意すべき3つのポイント
①借りる金額・目的を明確にして、自分の一番利便性の高いキャッシング・カードローン会社を調べておく
なぜかと言うと、やみくもに色々な所に(4社以上)申込むと「申込みブラック」と言う状態になり、ATMよりお金が引き出せなくなってきます。
⇒それだけ急にお金が必用になったと解釈されるので、申込は2社程度に抑えておきましょう。

②返済計画を立てておきましょう
これがないと、限度額まで借入れる可能性があるので要注意です
キャッシング、カードローン会社を選べば、月々1,000円から返済できるキャッシングもあるので、無理なく返済可能です。

③健康保険証の種類を確認しておきましょう
普通に社会人であれば「社会健康保険」と思いますが、念のため確認しておきましょう。

☆審査に向けて注意すべき3つのポイント
①嘘の情報は記入しない事
酷い時は申込みブラックとなりますので注意してください。
申込ブラックは本当にありますので要注意です)

②連絡がきちんととれる電話番号を記入する事
もちろん、携帯の番号でも問題ないので、きちんと連絡が取れる番号を記入しましょう。
特に問題がなければ連絡がない時もあります。

③借入れ金額は50万円までにする事
多くとも初回の借入れは50万円までにしておきましょう。
いきなり100万等、信用がない間はそんなに大きな額は借入れできません。
徐々に信用を積み重ね、限度額を大きくしてもらうイメージとなります。ですので、審査通過に向けて、最初は50万円までにしておきましょう。

3分で分わかる総量規制

お金を借りる時によく話題になる総量規制、お金を借りようとしている方向けに要点をしぼって3分で簡単に分かりやすく説明します。

①総量規制とは個人が対象となり、「年収の1/3までしかお金が借りれない」という貸金法(法律)です
「貸金業者」(消費者金融、クレジット会社など)が個人にお金を貸す時、年収の1/3以上貸付ける事が出来ない規制です。

例えば年収300万円の方は、合計100万円(借りる所が複数でも合算されます)を超えるお金を借りる事はできません。

②実は銀行は総量規制の対象外である
銀行は法律上、「普通銀行」と言う形態となり総量規制の対象の「貸金業」ではないのです。
なので、総量規制の対象ではなかったりします。

総量規制が適用されないため、年収の1/3以上を借りようとする方もいますが、最近は国からの注意喚起もあり銀行系カードローン・キャッシングともに審査は厳しい傾向にあります。

同様に学生の方が銀行系のキャッシングに申込む時は、バイトをかなりの頻度で入っていないとなかなか審査通過しない様なので、学生の方がお金を借りる(キャッシング)する場合は当サイトでは消費者金融系をオススメしています。

③総量規制が適用されないカードローン、キャッシングもある
例外が認められる理由:おまとめローンや、緊急に医療費としての借入れ
除外となるローン  :不動産購入(土地・家・リフォーム・つなぎ融資など)や、自動車購入時のローン

上記3点を抑えておけば、あなたがお金を借りる・キャッシングする時、どこから借りるべきかの指標なるのではないかと思います。

消費者金融系は金利は多少高いですが、利便性と言う意味では銀行系のかなり上を行きますので、大きな金額を借りないのであれば銀行系より良い場合もあります(金利0など)ので必要な金額に応じて使い分けをすると良いです。(実際の人気はランキングで紹介している様に消費者金融ですしね…)

まとめ:まったく初めてカードローン・キャッシングをしようとするならば、金利が総量規制がかかる消費者金融よりも低い銀行系のローンから狙っていくのがオススメです。
即日に融資して欲しい時や土日や夜に借りたい場合、短期で借りるので金利を「0」にしたい方、さらに銀行系で審査が落ちた方は消費者金融のカードローン・キャッシングを検討しましょう。




関連してよく読まれているページ

ページの先頭へ