学生がキャッシングをする時は「安心してお金を即日に借りれる」会社を選ぶ事が1番重要です

学生だからこそキャッシングをする会社をきちんと選ばないと借りれなかったり、親や学校にばれたりして大変になります。

しかし、きちんと選べば学生でも「安心にキャッシングできる」会社からお金を借りる事が出来ます

ここでは、管理人と学生が実際にキャッシングをしてみて「安心にこっそりキャッシング」するにはどの会社がいいのか具体的に紹介しています。


学生がお金を借りる時のおすすめキャッシング会社実際に使ってみた学生が「安心してお金を借りれる」おすすめキャッシング人気ランキングへ


学生がキャッシング会社を選ぶ時のチェックポイント学生でもキャッシングはできるの?

①学生でも借りられるか?
「カードローンやキャッシングを利用できるのは社会人だけ」とイメージしている方は少なくありません。
しかし、現在では学生でも簡単にキャッシングができるのです。
各会社のキャッシング条件を見てみると…

・20歳以上で安定した収入がある
・大学生(専門学校)でも社会人でもOK

上記のようにキャッシング条件が決まっていて、学生でも利用できることが分かりますね。
尚、18歳~19歳の未成年者は大学生でも申し込みはできません。

20歳以上で少しでもアルバイト等で収入があればキャッシングできるのです。
ちなみに借りる理由はなんでもいいのです! たとえば…

・どうしても行きたいコンパがあるけれどお金がない
・財布が厳しくてバイト代が入るまで2週間もある
・海外旅行で遊ぶお金をどうにかして捻出したい
・就活の交通費をなんとかしたい

などなど、こんな理由でも問題なくキャッシングできるので安心して下さい。


スマホでお金を借りる申込みをする女の子



学生がキャッシングするメリット・デメリットとは?

キャッシング自体のメリット・デメリットは色々なHPに載っているのですが、学生自身のメリット、デメリットがググっても出てこないので管理人が学生時代にお金を借りていた時に思った事をまとめました。

■学生キャッシングのメリット

必要なお金がすぐ手に入る事(仕送りが遅れた時などに対応)

・親や学校に連絡がいくことなく内緒でお金を借りられる事
・アルバイトで一定の収入があれば審査を通過してキャッシングできる事

上記3つが大きなメリットになります。

お金が必要なシーンは色々と思いますが、欲しいものを買う・旅行に行く・スマホ代を払う・生活費となる…などなど、あなたがお金で困っている事をさくっと解決する事ができるのがキャッシングです。

親とか友達に迷惑をかけないで解決出来るのも隠れたメリットではないでしょうか?

たまに学生ならではの質問で就活に影響するのか?と言う質問を頂くのですが、キャッシングを利用していたからと言って就職活動で不利になる事はないので安心して下さい (個人情報が各企業に漏れる事はありません)

後は一度キャッシングカードを作ってしまえば、限度額以内にはなりますが何度でもATMですぐにお金を引出す事が出来るので(審査は一回だけ)かなり便利だったします。 (管理人もすごい助かりました)

■学生キャッシングのデメリット

まず利息付で期限内にきちんと返済する必要がある点です。

その為にいつもよりバイトを多くいれたりして働く時間が長くなるとこが大きなデメリットですね。

学生なので色々と遊びたい時もあるとは思いますが、返済期限が迫っている場合はバイト優先になります。

バイトを辞めたくても返済があるからやめられない場合があるかもですが、 これは忍耐力がつくと思ってあきらめてください(ブラックな場合は…)

実は学生がキャッシングをした時のデメリットってこんなもんなんですよね。

要は返済計画があればそんなにデメリットはなかったりします。

管理人も社会人になって車を買ったり家を買ったりする為に結構なお金を借りましたが、返済計画があれば単なるルーティンになるのでその中でお金をやりくりすれば良いだけなのです。

あなたが返済できる限度額以上に借入れをしなければデメリットはならないので、必要以上に怖がることはないので、うまくお金を回してキャッシングしていきましょう。

学生がキャッシングで得られる経験・責任感

お金を借りるのは社会人になると多かれ少なかれするのですが(車や家・家電購入・留学など)そういったお金を借りる行為を学生間にすると言うは非常に貴重な経験です。

なぜかと言うとお金を借りる為に色々と調べたり、申込み必要な書類を集めたり、お金を借りてからはお金の管理を実施するのは普通の学生以上の責任感を養えます。

どうしてもお金を借りると言うとネガティブになりがちなのですが、限度を守って使えばこんなに便利なものはないので、ポジティブにうまく使いこなしましょう。 (クレジットカードでのキャッシングも同じです)

学生のキャッシングの限度額はどのくらい?

学生のキャッシング枠はあまり大きくなく、大半は10万円以下と設定されています。
ただし…

・アルバイトの年収が150万円を超えている
・収入証明書を提出して審査に受かっている

上記のような条件を満たしている場合は50万円以上の融資を受けることも可能です。

しかし、年収や審査で通らないケースが多いですし、大学生のうちから高額なお金が必要となることは少ないのではないでしょうか。

50万円以下など限度額が大きいと審査に通りにくくなり、遊ぶお金を一時的に借りたいと考えている学生は10万円以下と低く設定しておくのがコツです。



学生でも即日に借りれる人気キャッシング会社

学生ローンのおすすめランキングキャッシングを考えている学生におすすめの会社をランキング形式でまとめました。
よくある社会人を対象としたランキングとは異なり、学生がお金をキャッシングする時は前提条件が全く違います

ここでは、学生でも「安心して即日にキャッシングできる会社として」以下ポイントを比較して本当に学生に人気な会社を紹介しています。
なので他のランキングより参考になると思いますよ!


①学生でも返済しやすいように金利が安く設定されている
②自宅で申し込みの手続きができて即日融資を受けられる
③無利息期間が設定されていてリスクなくお金を借りられる

学生キャッシングランキング1位 プロミス
限度額内で1,000円から繰り返しキャッシングできる点が学生に人気

20歳以上でアルバイトしている学生へのキャッシングの実績も多く、学生にとって使いやすいと静かに評判になっています


スマホだけで簡単に申込出来る
学生用公式サイトへ

三井住友フィナンシャルグループで「安心」です


チェックポイント1審査に向けての準備:借入額50万円まで給与明細が不要です!

①アルバイトの勤続年数の確認(期間が長ければ長いほど辞めることが少ないと判断される)
⇒アルバイト先の正式名称を確認しておきましょう(株式会社~とか有限会社~などなど)

②毎月得ている収入の確認(アルバイトでも年収で100万円を超えていれば審査で有利になる)
⇒アルバイトが1年未満の学生は1ヶ月分の給与を12か月掛け算して年収にしておきましょう

③運転免許証(本人確認書類):免許がない場合は、「パスポート」または「マイナンバーカード」を準備!これもなければ「健康保険証」+「1点(例:住民票)」を準備しましょう。


チェックポイント2学生が申込む時のポイント:借入額は10万円まで!

①10万円を超えると急に審査が厳しくなるので学生の借入額は10万円までにしておきましょう

②メアド登録とWeb明細の利用で「30日間無利息」となるので、申込む際は必須で登録をしておきましょう
⇒無利息は非常にでかいです!


チェックポイント3学生が使いやすいポイント:何と言っても「1,000円ずつ」繰り返し利用可能なとこ!

①限度額内で1,000円ずつ繰り返しキャッシングできるので、月末とかお金が厳しい時にめちゃくちゃ便利です!(月末の1,000円の重みはハンパないですよ…管理人も何回も助かりました)

「三井住友銀行かジャパンネット銀行」に口座があれば、審査通過後、24時間365日最短10秒でお金を振込んでくれます。(メンテナンス日等は除きます)
その他の銀行でも当日振込み受付時間内(平日の9:00-14:50)ならすぐ(最短10秒)キャッシング可能

管理人も使っていてこれはすごい便利で、急にお金が必要(遊ぶお金や交通費・旅費)な時すぐにキャッシングできるメリットはかなりでかいです。


学生用公式申込みページへ
プロミス

即日融資はもちろんですが、24時間振込サービス
などで、利便性は一番高いです!
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)


女性オペレーターで申込をしたい方はこちら
男性も利用できます

学生お金借りるイメージキャラひらめき君③

学生がキャッシングする人気ランキング2位 アイフル
こっそりキャッシングカードを受け取れる点が学生に人気(郵便物でばれません)

「アイフル」は学生への融資も多く、保証人もいらないので親ばれしたくなくない学生にひそかに人気になっています。


スマホだけで簡単申込
学生用公式ページへ
アイフル即日融資


チェックポイント1こっそりキャッシングキャッシングカードをこっそる受け取れるのが学生に人気です

キャッシングをする時ATMに入れるカードが必要となるのですが、そのカードを発送してもらう時、郵便だと家族ばれする可能性が…そら無造作にポストにはっているとばれますよね…管理人はばれました(T_T)

アイフルなら「時間帯指定かつ本人受取限定の宅急便」での発送となるので誰にもバレません! (本人受取限定は家族でも渡しません)

なので、郵送物でばれる事が一切なく、他のキャッシングにはない特徴となっています。


チェックポイント3学生が申込むポイントスマホだけで申込み~契約~借入れまで完了します。

①ここも借入額は「10万円まで」にしておきましょう ( ..)φメモメモ
⇒審査通過に向けて10万円まで!


チェックポイント1便利・お得なポイント:初めてなら30日無利息と1秒簡易診断

特になにもせずとも初めてキャッシングするなら30日間無利息です(クレジットカードのキャッシングは無利息期間はありません) 地味に大きくて30日以内に返済するとあたり前ですが利息も必要なくお金を前借しただけになってめちゃくちゃお得です♪

1秒審査は個人情報を何も入れず1秒で簡単診断が可能なので申込み前に審査通過できそうか確認できるのがいい感じです。(恐らく一番早いです)


学生用アイフル簡単公式申込みページへ
アイフル30日間無利息

即日融資も可能!
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)

学生お金借りるイメージキャラひらめき君④

学生がお金を借りる人気ランキング3位 「アコム」
50万円まで給与明細の提出不要なので初めてキャッシングする学生に人気

特に楽天銀行に口座をもっている学生に人気(楽天銀行なら24時間最短1分でキャッシングできる為、これはめっちゃ便利)


スマホで簡単に申込める
公式サイトへ


三菱UFJフィナンシャル・グループで「安心」です


チェックポイント1申込みポイント:ここも50万円までなら給与明細が不要、スマホと身分証だけで申込みできます

①申込み時の限度額は10万円までにしておきましょう(10万円を超えると審査通過しにくくなります)

②審査に通ればキャッシングだけではなくクレジットカードの「アコムACマスターカード」も同時に発行できる
⇒クレジットカードも欲しい学生はちょうどいいですね、旅行とかで活躍できます

チェックポイント2ばれない申込ポイント:スマホから申込む事で「ばれずにこっそりキャッシングでお金を借りれます」

☆スマホからの申込み時に以下2点をチェック
①キャッシングカードを受け取る場所を「店舗かローン契約機で受け取る」項目にチェック
②利用明細をWeb確認すると項目にチェック

この2点を注意すれば郵送物はきませんので誰にもばれずにこっそりキャッシングできます。
※申込は20歳以上でバイトなどで安定した収入が必要です!

チェックポイント3学生に優しいところ:学校卒業時に返済が残っていてもOKです

⇒卒業時に全額返済をしなくとも大丈夫です。
なので、社会人になってからお金を返済する学生もいます。


学生用アコム
公式申込みページへ

即日融資可能です
(申込む時間によっては翌日になる場合もあります)

学生お金借りるイメージキャラひらめき君③





■知っておくべきキャッシングとカードローンの違い

キャッシングカードとカードローンの違いを説明するイメージ

 

いまいち差が分かりくいキャッシングと学生用のカードローン、どちらも同じくお金を借りれるのですが学生の場合は以下2つの違いがある事を覚えればOKです!

1.クレジットカードでお金を借りる事をキャッシング
2.ローン専用カードでお金を借りるのを学生カードローン

上記の様にカードの種類が違うんですが、今ではいっしょくたに説明されている場合もあります。
ちなみに単純にお金を借りたい場合はカードローンの方が圧倒的に便利でお得なので、当サイトでは学生カードローンをオススメしています。

と簡単にキャッシングとカードローンをまとめましたが、一般的には「キャッシング=お金を借りる」と言う事で定着していますので、当サイトも「お金を借りる=キャッシング」として説明しています。

簡単にそれぞれの特徴をまとめまると…

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があればすぐお金を借りれる

なので、すぐにお金を借りたい学生の方は一度自分のクレジットカードを確認しましょう!
(分からない場合は各クレジットカード会社に電話すれば教えてくれます)

ただし、そんなにたくさんは借りれませんので注意して下さいね(5万円程度です)

もう一点、クレジットカードのキャッシングは18歳、19歳の未成年でも借りれる場合があります。

通常、未成年がお金を借りる場合は親の承諾が必要なのでなぜ? と思うかもですが、その承諾を未成年がクレジットカードを作成する時に親から承認を得る署名をキャッシングの承諾に適用してくれるクレジットカードがあるからです。
(マルイの「エポスカード」などは有名ですね)

すべてのクレジットカードに適用される訳でもないので、未成年の方はクレジットカード会社にキャッシング枠があるかどうかを確認してみましょう。

ここまでメリット的な事を書いてきましたが、当サイトではクレジットカードでキャッシングする事をオススメしていません。

なぜかと言うと…

★借りたお金を一括で返済する必要がある(リボ払いにすると利息がすごい事になります…)
★お金を借りた時の金利が高い!
★クレジットカードをもっていない場合発行に時間がかかる

と、大きく3つの理由があるのですが、なんと言ってもお金を一括返済する必要があるのがポイントです。
次月に返済できるお金があるならありますが基本的にはオススメしません。(金利も高いし…)

なので、お金を借りたい場合は次に説明する学生カードローンをオススメします。

親バレしない学生カードローンでのキャッシング

学生であっても親にばれずにこっそりすぐ(即日)にお金をキャッシングできるので、学生がお金を借りたい場合、強い味方になってくれます。

学生カードローンは消費者金融系と銀行系がありますが、銀行系は親への確認がはいるので、親の確認が入らない消費者金融系が使い勝手がよく実際の学生にも人気でオススメです。
(消費者金融は保証人が必要ないので、親バレせずに借りれるのです)

あとはなんといってもクレジットカードのキャッシングと異なり分割で少しずつ返済していける点です。

学生が借りたお金を一括で返済するのは大変なので、みんな少しずつアルバイトで無理なく分割返済していくパターンです(管理人もそうでした…)

さらに消費者金融系の学生カードローンなら30日間無利息があるサービスもあるので、その間にがんばってアルバイトして返済すればお金を前借しただけとなってめちゃくちゃお得なんですよ、

あとは、一回カードを作ってしまえば使いたい時に1,000円単位でお金をキャッシングできるのでかなり便利ですよ。
管理人も月末ぎりぎりの時はよく1,000円借りてしのいでました(笑)めっちゃ便利です。

なので、キャッシングを考えている学生の方はいくら借りたいのか、返済はどうしたい(一括・分割)のかを考えてクレジットカードでキャッシングないしは学生カードローンでお金を借りるのかを良く考えて借りましょう!


■学生がキャッシングするにあたっての注意点は?

キャッシングの申込準備をする女性

 

☆申込み時に注意すべき3つのポイント
紹介した上記の3つのキャッシング会社であれば、大学生でもすぐにお金をキャッシングができます。

しかし、お金を借りるにあたって幾つかの注意点があり、銀行や消費者金融のキャッシングを利用する前に確認しておきましょう。

1.できる限り大手の消費者金融を選ぶ(中小企業の学生ローンとそこまで金利は変わらない)

2.自分の毎月の収入に見合ったキャッシング額にとどめる(多くとも収入の20%までがいいです)

3.大手のサービスでもお金を借りることに一定のリスクがあると心得ておく

「限度額が少ないから大丈夫」と甘く見ている方はいますが、場合によっては人生を破滅させる可能性もあります。

お金を借りないに越したことはなく、キャッシングを考えている学生は利便性以外にもリスクに関する知識を得た上で利用してください。

 

学生がキャッシングする時の審査ポイントについて

当サイトで紹介しているキャッシングは審査から親とか学校にばれずにこっそりお金を借りれる所を紹介しています。

銀行・信用金庫系のキャッシングは場合によって親の同意が必要とされる場合があるので、おすすめしていません。

他のホームページは銀行・信用金庫系でもばれずにお金を借りれると書いてある所もありますが、100%大丈夫と言うわけではないので注意して下さい。

学生のキャッシング審査は大きく以下の手順で進みます

1.あなたの名前、生年月日などからJICC 日本信用情報機構ないしはCICと言う機関へあなたの信用情報(借入れ金額・件数)を問い合わせます

※信用機関=銀行、消費者金融、クレジット会社などが会員となっており、それぞれの会員情報を共有して管理してます

2.上記機関よりの回答であなたの信用情報に問題がない事を確認

※ここですでに借入れている件数や金額が多いと審査落ちとなります(件数などの基準はそれぞれのキャッシング会社によって変わります)


3.あなたの在籍確認を実施

アルバイト先などに連絡が入り、本当にあなたがそこで働いているかどうかを確認します。
※借入れ条件で安定した収入と言う項目があるのでその確認です

キャッシングの審査を有利に進めると言うか、通過するにはアルバイト・パートなどで安定した収入がある事が必要です。
さらに自宅生なら有利に進める事ができます!

ポイント:学生は一人暮らしなどが多いので銀行・信用金庫系のキャッシングは親に確認の連絡をする場合があります。
親に確認をする事により、引越しなどによる音信不通・返済遅れのリスクを担保するのです。

その代わり銀行・信用金庫系は金利が低かったりするんですが、学生はそんな多くの借入れは出来ない(10万程度)ので、金利が低くてもあまりメリットはなかったりするんですよね…

なので学生がキャッシングするなら銀行系よりも親バレしない消費者金融系のキャッシングをオススメします。

返済を滞納した場合はどうなるか?

たまに返済遅延、滞納した場合はどうなりますか? と言う質問を頂くのですが、まずきちんと期日に返済する事が一番重要です。

もし、万が一遅れそうなら各キャッシング・カードローン会社に連絡しましょう。
その上でどうしても遅延、というか滞納した場合どうなるかと言うと…

あなたの信用情報にキズが付きます。
分かりやすいとこで言えば、スマホの機種変が分割払いでできなくなったりします。
(あれも一種の借金なので…)

あとは、クレジットカードの新規作成ができなかったり分割払いができなくなったりしますので、返済はきっちりしましょう!

尚、滞納ではなくもう返せるあてがなくなった場合は自己破産となります。
どの様に自己破産=債務整理になるかを学生がお金を借りた時に返済できなかった時はどうなる?でまとめてますので、一度確認しておいてください。

学生はキャッシングしたいあなたの条件で申込む会社を選びましょう

審査手順を見て頂いた様に学生でも特にキャッシングをする事は審査を含め問題ないんですが、条件によって使い分けすれば良いかと思います。

■即日やすぐにお金をこっそり借りたい場合

ここで紹介している様に消費者金融系のキャッシングをオススメします。
親の同意などが必要ないのでその分早くお金を借りる事ができるので、必要な時にお金を借りる事ができますよ!

■低金利でお金をキャッシングしたい
この場合は銀行・信用金庫系のキャッシングがおすすめとなります。
審査で親の同意等が必要になりますが、低金利でキャッシングする事が出来ます。

うまく金融機関を使い分けて利用しましょう!


学生がキャッシングする時におすすめな記事

ページの先頭へ